Skip navigation.
contents
リハビリメイク
リハビリメイクの症例
リハビリメイクの研究

薄いシミ・ソバカス・赤み(赤ら顔)でお悩みの方へ

Before
before
After
after
目の下など、皮膚の薄いところほどシミや赤みが目立ちます。 かづきイエローの下地を塗った後。
気になるシミや赤みが自然にカバーされています。

薄いシミ・ソバカス・赤み(赤ら顔)をカバーするには「かづきイエロー」が効果的

かづきれいこの自画像
かづきれいこの自画像。
かづきイエローは絵画をヒントに生まれました。

イエローを混ぜることにより赤味を抑えるだけでなく、血管をきれいに見せ、くすみのない透明感のある肌に仕上げることができます。
ASD(心房中隔欠損症)という心臓の病気で、幼い頃から「冬になると赤ら顔になる」という悩みを抱えていたかづきれいこだからこそ生まれたのが「かづきイエロー」です。

イエローは、色の中で最も光を反射してくれる色で、絵画の手法では人物を描くときに下地として黄色を使うことがあります。その技法にヒントを得て考え出されました。

エクセレントミルキーファンデーション エクセレントミルキーファンデーション
<イエロー>
カバーリングファンデーション
カバーリングファンデーション
ライトオリーブ〈Y2〉
■使用方法
下地として、指でつけなじませます。
■使用方法
スポンジにとり、気になる部分に軽くたたくようにつけます。その後、フェイスパウダーをはたきます。

リハビリメイクについてのお問い合わせ

上記事例は一例です。お客様の状態に応じて、使用するアイテムや技術は異なります。
まずは、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ先はこちら

リハビリメイクの症例一覧