REIKO KAZKIは、
おかげさまで創立30周年。

2019年4月、REIKO KAZKIは
創立30周年を迎えました。
時代が変わっても、流行が変わっても、
すべての女性が毎日「キレイ!」と言えるように、
「今日もがんばろう!」って思えるように、
私たちは、メイクアップに向き合ってまいります。
30周年のREIKO KAZKIにどうぞご期待ください。

scroll
REIKOKAZKI

かづきれいこから
皆さまへ

私がメイクを始めるきっかけとなったのは、幼少期から冬になると血流が悪くなり、顔が真っ赤になる悩みを抱えていた体験からでした。短大に入りメイクができるようになると、あらゆる化粧品を使い、赤い顔を隠すための研究をしていました。30歳の時に心労で倒れて初めて心房中隔欠損症という心臓の壁に穴があく病気とわかり手術し、完治。羽が生えたように体が軽くなったこと以上に、顔が赤くならなくなったことの方が何より嬉しかったのが今でも忘れられません。私と同じように「見た目」で悩んでいる人の手助けをしたい、その思いで美容学校に入り、メイクの勉強を始めました。

30年前の1989年4月、兵庫県西宮市にサロンをオープン。REIKO KAZKIの始まりです。その前からカルチャースクールの講師として美容学校で学んだおしゃれメイクを教えていましたが、20代~70代と様々な方にメイクをさせていただくうちに、どの世代にも共通となる「美」は「元気な顔」だと気づいたのです。音楽に音符があるように、誰もが元気な顔づくりを再現できるよう方程式を確立し、今の「かづきメイク」が完成しました。自分の顔が好きになれば、自然と元気に笑顔になり、前向きになり、周囲への対応も変わり、どんどん好転していきます。かづきメイクの考え方は30年前から変わりませんが、皆さまがより簡単にきれいに、元気になれるように、さらに進化し続けています。

感性の世界のメイクを学問とするために何千と調査・研究を重ね、医学学会や論文で発表。そのおかげで大学病院での外来や大学の授業などにも私のメイクが取り入れられるようになりました。形成外科からはじまり、皮膚科、眼科など多方面にも広まり、メイクの有効性が浸透してきましたが、さらに発展させ、美容と医療の橋渡しをしたいと考えています。また、長年私が手掛けてきた外観に悩みを抱える人々の社会参加・社会復帰を後押しするため、メイクができる人を「資格」として技術を統一化し、制度化するための活動も私が理事長を努める公益社団法人顔と心と体研究会にて現在準備中です。

30年間のご愛顧に心から感謝を申し上げるとともに、たくさんの皆さまからいただいてきたサポートを「メイク」を通じて、皆さまに喜んでいただき、より社会に還元していけるよう、引き続き日々邁進してまいります。

REIKOKAZKI

30年の軌跡

  • 1987かづきれいこ / 35歳
    • 朝日カルチャーセンター芦屋にて初めてメイク講座を担当。講師となる
    • 今までの常識を覆す『上から下』のマッサージ(血流マッサージ)を考案。
      当時その考えは受け入れられるのがむずかしかった。
    1987
  • 1988かづきれいこ / 36歳
    • 朝日カルチャーセンター新宿にてメイク講座を担当。
      一年後、2000近くある講座数の中で、トップとなる
  • 1989かづきれいこ / 37歳
    • 有限会社かづきれいこ設立 /兵庫県西宮市に初のサロンをオープン
    1989s
  • 1992かづきれいこ / 40歳
    • かづきメイク必須のアイテム イエローファンデーション誕生
    • 特別養護老人ホーム(緑の郷)にてメイクボランティアを実施。(継続中)
      一人では全国各地の施設を訪問するのは限界があると、感じはじめ別法人の設立の必要性を強く感じるようになる
    1992
  • 1995かづきれいこ / 43歳
    • イギリス赤十字社にて「カムフラージュメイクサービス」を見学。
      帰国後、イギリスの精神と日本人の技術を併せもつ「リハビリメイク」を考案。研究を本格的にスタートさせる
    1995
  • 1996かづきれいこ / 44歳
    • 東京青山に東京サロンをオープン
    • 初の書籍「私を元気にするメイク」(筑摩書房)を発行
    1996
  • 1997かづきれいこ / 45歳
    • 血流マッサージに欠かせない美容液誕生
    1997
  • 1998かづきれいこ / 46歳
    • アメリカ ペンシルバニア大学ヒューマン・アピアランス・センターを視察
  • 1999かづきれいこ / 47歳
    • 東京・四谷へ東京サロン移転
    • 初めての学会発表。第15回日本臨床皮膚科医学会にて「リハビリメイク 色素異常症・手術痕のメンタルケア」を発表する
      >>学会発表実績
    • NHK衛星「初めはフツーの主婦でした」に出演
  • 2000かづきれいこ / 48歳
    • フジテレビ系列「しらばかプラス」の出演。サロンに電話が殺到する
    • 新潟大学歯学部非常勤講師となる。大学病院にて、リハビリメイクを始める
    • 「顔と心と体」の研究会を発足させる
    • メンタルもテクニックもフォローしたかづきメイクの入門書「メイク力」を発行。
      20万部超の大ヒットとなる
    2000
  • 2001かづきれいこ / 49歳
    • CS放送LaLaTVにて「かづきれいこの元気が出るメイク」連続放送開始
  • 2002かづきれいこ / 50歳
    • TBS系列「情熱大陸」出演。世の中に“リハビリメイク”が認知された大きなきっかけだった。番組を見た方からの問合せも増えた
    • 「AERA現代の肖像:たかが顔なんかじゃない」に掲載される
    • 岩波書店より「リハビリメイク 生きるための技」を発売
    2002
  • 2003かづきれいこ / 51歳
    • 銀座三越に全国初の「REIKO KAZKI」ショップをオープン
    • 東京女子医科大学にて非常勤講師となる。女性生涯健康センターにてリハビリメイク外来が開設される(現在は終了)
    • 大ヒット商品となる化粧下地「エクセレントミルキーファンデーション」登場
    • 初の医学書「医療スタッフのためのリハビリメイク」(克誠堂)発売
    2003
  • 2004かづきれいこ / 52歳
    • 2000年より活動をしていた「NPO法人顔と心と体研究会」が所轄を東京都より内閣府に移管し、新たに「NPO法人フェイシャルセラピスト協会」となる
  • 2005かづきれいこ / 53歳
    • 新潟大学大学院医歯学総合研究科口腔生命科学専攻修了、歯学博士となる。日本医科大学大学院医学研究科形態機能再生再建学専攻に入学
    • TBS系列「中居正広の金曜日のスマたちへ」出演
    • TBS系列「夢の扉」出演
    2005
  • 2006かづきれいこ / 54歳
    2006
  • 2007かづきれいこ / 55歳
    • 新潟大学歯学部 臨床教授、早稲田大学感性領域総合研究所 客員教授に。
    • 早稲田大学オープン教育センターの講義【外観の社会学(ボディイメージ)】の講義をスタート。前後期とも受講希望者が集まる人気講座となる
    • 日本医科大学付属病院にてリハビリメイク外来スタート
    • テレビ朝日系列「最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学」出演
    2007
  • 2008かづきれいこ / 56歳
    • 「ワールドビジネスサテライト」トレたまにて、どのメディアより早く「かづき・デザインテープ」が紹介され、問合せが殺到する
    • 9月1日 満を持して「かづき・デザインテープ」誕生。
      美容界でも話題騒然となり、爆発的ヒット商品となる
    2008
  • 2009かづきれいこ / 57歳
    • 讀賣新聞「医療ルネサンス」に“メークの力”が掲載される
    • 第1回日本心身医学5学会合同集会にて学会発表を行う
  • 2010かづきれいこ / 58歳
    • 医学書「Color Atlas of Burn Reconstructive Surgery」にリハビリメイクの英語論文が掲載される
    2010
  • 2011かづきれいこ / 59歳
    • 東京都新宿区の男女共同参画セミナーにて講演
    • 東日本大震災 被災地へ、メイクボランティアに伺う
    • テレビ東京系列『ソロモン流』出演
    2011
  • 2012かづきれいこ / 60歳
    • かづきメイクの「混ぜるテクニック」を体現した2色に分かれたUVパーフェクトファンデーションを発売。
    • 公益社団法人化を目指し、NPO法人フェイシャルセラピスト協会から、一般社団法人リハビリメイク.協会を設立
    2012
  • 2013かづきれいこ / 61歳
    • 日本更生保護協会発行の「更生保護」にて、長年更正保護施設にて今までの実績を紹介いただく
  • 2014かづきれいこ / 62歳
    • NHKBSプレミアム「感涙!よみがえりマイスター」に出演。
    • 順天堂大学大学院医学研究科 協力研究員となる
    • 第52回 日本神経眼科学会総会にて、発表を行う
    • 一般社団法人リハビリメイク.協会から、内閣総理大臣より公益認定を受け、法人名を公益社団法人顔と心と体研究会と改め、事業を発足させる
    2014
  • 2015かづきれいこ / 63歳
    • 『永遠に若く!運命を変える!かづきメイク術』(主婦の友社)を発行
    2015
  • 2016かづきれいこ / 64歳
    • NHK総合「助けて!きわめびと」出演。きれいを引き出す“きわめびと”としてかづきれいこがある女性の悩みに向き合い答えを導く
    • 医学書第2弾「リハビリメイク 見えてくるメイクアップセラピーという選択肢」発行
    • 「美ST」(光文社)にて、【テープ美容の元祖】としてかづきれいこが紹介される。
    2016
  • 2017かづきれいこ / 65歳
    • フジテレビ系列「有吉弘行のダレトク!?」出演。「小顔バスツアー」にてサロンに来られたタレントさんがかづき・デザインテープを体験!
      サーバーがダウンするほど問合せが殺到する
  • 2018かづきれいこ / 66歳
    • 医学書第3弾『化粧医学~リハビリメイクの心理と実践~』発行
    • 公益社団法人顔と心と体研究会にて、メンタルメイクセラピスト®資格認証事業開始に関して、公益認定を受ける
    2018

30周年記念
イベント・企画