リハビリメイクでできること

リハビリメイクの適応症例をご紹介いたします。

アンチエイジング

アンチエイジング

  • before
  • after

※メイク前/メイク後

50代女性。

アンチエイジングのメイクのポイント

アンチエイジングのお悩みは様々ですが、しみとたるみを訴える方はとても多いです。しみは、イエローのファンデーションでカバーした後、オレンジのカバーリングファンデーションをのせると、血色感のある肌に見えます。たるみに対してはかづき・デザインテープを耳の前やおでこなど、リフトアップしたい所に上方向に引き上げながら貼ります。さらに、ポイントメイクでは、健康的で、少し前の自分に戻ったような印象に仕上げます。

※メイクアップ効果による
※上記事例は一例です。お客様の状態に応じて、使用するアイテムや技術は異なります。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

リハビリメイクを受診されたい方へ

提携医療機関およびREIKO KAZKIサロンにて定期的に実施しております。
完全予約制となりますので、詳細は各機関にお問合せください。

リハビリメイクのご相談・開催拠点
医療関係者の方へ

リハビリメイクの効果をより明確に提言するため、患者本人の主観評価を測るスケールを用い調査を行っています。症例数4361名(2018.12末時点)におよぶデータを集計し、これを元に様々な科で発表、論文執筆を行っています。

医療関係者の方はこちら