Skip navigation.
contents
リハビリメイク
リハビリメイクの症例
リハビリメイクの研究

リハビリメイクのエピソード

傷やあざ、やけど痕などをカバーし、外観を整えながら心を癒して、患者さんの社会復帰を目指すことを目的とした「リハビリメイク」。

リハビリメイクにまつわる秘話を紹介いたします。

Vol.1 メイクがくれた自分と向き合う勇気

メイクに背中を押されて

佐藤さんがリハビリメイクとであったのは、26歳の頃。「リハビリメイクを知らなかったら、人生が違っていたと思います」と話します。

物心付いた頃には、鼻の下に口唇口蓋裂の手術痕がありました。その理由でいじめられたりしても、周囲が心配しないよう明るく振舞い、自分でも気にしていないとずっと佐藤さんは思っていました。その一方、百科事典を開いて口の構造の図解が出てきたりすると、慌てて本を閉じることもありました。

社会人になってから、佐藤さんはかづきれいこの講演会で初めてリハビリメイクを体験しました。「傷のない自分の顔を生まれて初めて見て、気付かない内に涙がわーっと出てきました。それで、私は辛いのをずっと我慢していたんだと分かったんです。本当はずっと、私の顔は人間の顔とは呼べないんじゃないかと思っていたんです」

かづきに背中を押されて、「今自分の顔と向き合わなかったら、一生気持ちに蓋をしたままかもしれない」そう思い、勇気を振り絞り口唇口蓋裂の病院をまわりました。そこで、改めてこれから治療した場合の可能性を教えられ、幾つか提案もされた上で、「これなら、リハビリメイクで十分だ」と佐藤さんは思えたと言います。
手術は行いませんでしたが、自分の顔と真剣に向き合い、自分で決められたことで佐藤さんは気持ちがとても楽になっていました。

現在佐藤さんはREIKO KAZKIで働きながら、メイク講師になるため勉強を続けています。仕事をしていて一番楽しいのは、「メイク後に鏡越しに自分の顔を見た生徒さんが、わぁっ!と笑顔になる瞬間」と言います。「一人でも多くの方が笑顔に、元気になってもらいたいです」佐藤さんの笑顔は、すっきりと輝いていました。

Vol.2 もう隠さなくても大丈夫

リハビリメイクは、女性だけでなく、もちろん男性にも適応されます

名古屋市で開業する歯科医・Yさんの場合は、血管腫という病気で、顔の右側のあごや頬、首にかけて赤黒いあざがありました。診察中は大きなマスクをかけていることもあって気にならないのですが、外出するたびに他人の視線を浴びることや、家族や知人に気を遣われることに、いつも疲れを感じていたといいます。10数年前、愛知県内で開かれた講演会がきっかけでリハビリメイクを知り、その1ヵ月後、奥様と共に東京サロンに来られました。かづきが手早くメイクさせていただいたところ、Yさんは「化粧しているという違和感がない」と、とても喜んだご様子で帰っていかれました。

名古屋の自宅に戻ったその夜、当時70歳を過ぎていたYさんのお母様が首を長くして待っていました。Yさんの顔をじっと見ていたかと思うと、お母様は「あざが全然わからなくなった」と言って、涙を流して喜ばれたといいます。奥様は、後にこうおっしゃっていました。「義母が涙を見せるところを初めて見ました。それまでは、気の強い義母を少し苦手に思っていたのですが、強くなければ、夫をここまで育てあげることはできなかったんだな、とわかりました」。気丈なお母様は、実は息子のあざのことを誰よりも心配されていたのです。Yさんは「母にあざのない顔を見せることができたのが、一番の孝行でしたね」と語りました。

その後、Yさんはメイクをして気軽に外出するようになりました。「いつでも隠せるという安心感があるから、人の視線が前ほど気にならなくなりましたね。あざのことを自分から口に出し、冗談も言えるようになったので、妻や子供との関係も変わりました」とYさん。奥様もその変化に驚きます。

日本の社会は、外観にトラブルをもつ人に対して、決して温かいとはいえません。他人の視線は、無言のプレッシャーを与えるもの。それをはねのけて生きてこられたご家族の、痛切な思いを実感させられる出会いでした。リハビリメイクは、プレッシャーから開放し、元気に生活するためのひとつの手段。私たちはそう考えています。

Vol.3 老いと闘いながら、受け入れる。メイクはアンチエイジング健康法

眉はディートリッヒにして!

私たちは、10年ほど前から特別養護老人ホームなどでボランティアをさせていただいていますが、メイクは心も体も元気にする女性の本能や老化防止のひとつなんだなあと実感させられる場面によく出合います。メイクする前と後では、表情はもちろん、話し方や立ち居ふるまいまで、大きく変わることがあるのです。

たとえば、認知症が進んで家族の顔もわからなくなっている方が、「アイラインは目尻から三ミリ上げてね」とか、「眉はディートリッヒにしてちょうだい」などと言い出すことも。ときには、途中でスタッフの手から眉ペンシルやリップブラシを取り上げて、自分の手でやり始める方もいらっしゃいます。

きれいにメイクをして、人の目を意識することで気持ちがしゃんとし、元気がでてくるのだと思います。逆に、いつもおしゃれに気を遣っていた方が、病院や老人ホームに入ったとたん、お化粧を禁じられ、地味な寝巻きを着せられたとしたら、頑張る気力が失せてしまうのではないでしょうか。

早くおばあちゃんになりたい

鏡の中の自分をきれいだと思えるのは、女性が元気でいるためにとても大切なこと。シワやシミのある自分は、誰だって受け入れたくないものです。しかし、リハビリメイクを習いにきた手にやけどの痕のある少女が、こんなふうに語ったことがありました。

「私、早くおばあちゃんになりたいんだ。シワだらけのおばあちゃんの手なら、傷も気にならない。私の手も特別じゃなくなるでしょう」

誰もが避けたい老化というものが、彼女にとっては「救い」だったのです。シワやシミをひたすら嫌がるのはおかしいのかもしれない…。この言葉を聞いて私は考えました。

考えてみれば、シミは今まで元気でお日様の下を歩いてこられた証拠だし、シワがあるのは楽しい瞬間がたくさんあって、思いっきり笑うことができたから。シミやシワを『ありがたいなあ』と思いながら、それらが目立たなくなるように一生懸命メイクをするべきなんじゃないか、と思うようになりました。

老いを受け入れながら、今の自分らしい美しさを発見していくこと。それがリハビリメイクの大切な役割なのかもしれません(かづき談)

Vol.4 足の赤いあざは、神様がくれた印
REIKO KAZKI講師 西奈まるか

レザー治療の中止を決断!

昨年、夏の暑い日、大阪サロンに小学校3年生のMちゃんがお母様と一緒にリハビリメイクにいらっしゃいました。Mちゃんは、ひざから下に赤いあざ(血管種)があります。生後6ヶ月の幼い頃からレーザー治療を始めて、すでに8回の治療を受けていました。治療に同行しているお母様は、あまりの痛さに叫ぶMちゃんがかわいそうで、体への負担も心配でした。それに加え、治療後ガーゼを当ててすごす期間中、お友達からいろいろ聞かれることもあり、Mちゃんが戸惑っているようすも気がかりだったといいます。悩んだ末に、いったん治療の中止を決断。あとはメイクで少しでも目立たなくなれば…というお母様の熱い想いが伝わってきました。

赤いあざをイエローファンデーションの下地やファンデーションでカバーしたところ、お母様は「こんなにきれいに目立たなくなるんですね。水にも強くくずれにくいなら、水泳の授業も受けられます」とホッとした表情に。鏡の前に立って足を見たMちゃんもニコっと微笑んでくれました。そして、お母様がいつでもMちゃんにメイクができるようにレッスンをし、ちょうど終わりに近づいた頃、静かにこうおっしゃいました。

「実は、この子は双子で生まれてきたのです。もう一人の男の子は仮死状態で生まれてすぐに亡くなりました。この子はそれを知って『きっと神様が生まれてくるはずだったその子の分も、って私の足に印をつけてくれたんだね。だから、別に、このままでいいよ。』と言うのです。その思いをよらぬ一言は衝動で母親の私が否定してはいけないのだと気づき、受け入れることができました。」

Mちゃんを見ると少し恥ずかしそうに口を結び、小さくうなずいています。小学校4年生で“神様から印をもらった”と思えるMちゃんがとても頼もしく大きく見えました。

メイクで心の負担を取り除く

リハビリメイクは外観をカバーすることを目的をしていません。本人が気になるときだけメイクをして、心の負担を取り除くことができればいいのです。メイクをして、あざのないMちゃんの足を生まれて初めて見ることで、お母様も心にしまっておいた辛い気持ちの扉が開かれ、前向きにお話してくださったのだと思います。私自身、子どもを持つ母親として、そんなお母様に深く共感しました。

Vol.5 リハビリメイクに年齢や性別の限界なし!
REIKO KAZKI講師 藤村恵理子

70代男性がサロンを来訪

リハビリメイクが世の中に広まるにつれ、来られる方の年齢や性別、症状、目的なども多様になり私も最近、ご高齢の方や男性の方を担当させていただく機会が増えてまいりました。

先日は70代の男性がサロン体験レッスンにいらっしゃいました。雑誌を見て、かづき・デザインテープの存在を知ったとのこと。さっそく商品を購入し、ご自身で試してくださったといいます。それというのも、胸元に若いときに受けた手術の痕があり、長年人目を気にしてきたそうなのです。

一度正しいメイクの方法を習おうとレッスンにいらしたのですが、上手に工夫されていらっしゃいました。傷痕をずっと服で隠されていたと聞いたのですが、今回「ベタつかず、自然にカバーできてうれしい!」と何度も鏡を見られ、喜んでくださっていた姿がとても印象的でした。

主観的評価が0から90にアップ!

また、80代のすてきなご婦人はうなじに手術の痕が残っているとのこと。一見したところまったく気づかないのですが、髪をあげると目立ってしまうのがとても気になるとおしゃいます。

彼女は、リハビリメイクを受ける前のVAS(Visual Analogue Scaleの略。患者さんの主観的評価スケール)が最低値の「0(ゼロ)」という非常に低い自己評価だったのですが、メイク終了後には「90」にまで向上しました。リハビリメイクでお顔もさせていただきイキイキと若く元気になったことで相対的に、傷痕が目に入らなくなったのもあるかもしれません。メイクが終わって鏡をお見せした瞬間、パッとお顔が明るく輝いたのを見て自分のことのようにうれしくなりました。

今回ご紹介したお二人とも、私の両親と年代が変わらない方たちですが、エネルギッシュで若く、何歳になっても好奇心を失っていない姿勢にとても感動しました。これからますます、お二人のような70代、80代が増えてくることと思います。そう考えると、年をとるのも悪くないと思えてうれしくなります。

vol6. 本人はもちろん、家族も元気にするリハビリメイク
REIKO KAZKI講師 志麻裕子

火事にも病気にも負けない力を!

月に1回、新潟大学歯学部での「リハビリメイク外来」を担当しています。新潟に通うようになって感じるのは、思いやりがあってハートが温かい女性がとても多いということ。今回ご紹介するSさんも、優しいお人柄がそのままお顔に表れているような60代の女性です。

火事で家が全焼してしまうという不運に見舞われたSさんは、頬に残ったやけど跡をカバーするためリハビリメイクを習いにいらっしゃいました。
メイクを始める前、「今日はどうしてメイクを?」とお聞きすると、「夫もがんでこの病院に入院しているので、きれいになった顔を見せたいの」とのこと。聞けば、火事の際にメイク道具一式も灰になってしまったそうで、しばらく、メイクをしていなかったといいます。ご自身もがんと闘いながら新たな抗がん剤治療が始まるご主人を、きれいにメイクして励ましたいというSさんに、心をこめてさせていただきました。

完成したお顔を鏡に映したSさんは「とってもきれい!主人にみせてくるわね」と、いそいそとご主人の病室へと向かわれたのです


妻の元気な顔は夫を勇気づける!

翌日も再びいらっしゃったSさんに、ご主人の反応についてお聞きしたところ、「若かった頃のお母さんの顔だよ!見違えちゃった。とてもきれいだ!」と大喜びしてくれたそうです。

「“これで、頑張れるよ。ありがとう”って、主人にお礼を言われたんですよ」と話すSさんの言葉を聞いて、胸がいっぱいになりました。

本人はもちろんのこと、まわりの人まで元気にして、前向きな気持ちにさせるリハビリメイク。
もともと母の死化粧は自分でしたいという想いから始めたリハビリメイクでしたが、こんなにすばらしいメイクに仕事として携われていることに、改めて深く感謝したできごとでした。

避難所で過ごすみなさんの笑顔に自分自身も癒され、元気づけられて
渡辺久美子先生
福島県立医科大学 乳腺外科 医学博士
2009年フェイスプランナー養成コース卒業
2010年フェイシャルセラピスト養成コース卒業

かづき先生から心温まる電話が

未曾有の被害をもたらした東日本大震災の数日後、私の携帯電話が鳴りました。それはなんと、かづき先生ご本人からのものだったのです。
「そちらはどう?大丈夫?何か困っていることや欲しいものはない?」

かつて阪神・淡路大震災を経験しているかづき先生は、すぐに私たち被災者の状況が想像できたのだと思います。すぐには支援物資が届かないし、届いても適材適所というわけにはいきません。かづき先生に「着るものがない」と訴えたところ、すぐに集めて送ってくださいました。そして、次々とKAZKIの仲間から物資が届くようになったのです。本当にありがたく、人の輪の素晴らしさを知りました。


避難所のみなさんにふきとり洗顔を

私自身も、医師として避難所に出向いて行った際にふきとり洗顔をさせていただきました。まずはそこからスタートです。なぜなら、まだみんな生きていることだけで精一杯だから。「お風呂にも入っていないから」「マスクをはずしたことがないし」など、最初はみんな遠慮がちでしたが、させていただいた方が「気持ちいい!」と言ったあとは、我も我もと人が殺到。みなさん、本当に気持ちがよさそうに、喜んでくださいました。

次に訪れたときには、スポンジを使ってかづきマッサージも行いました。周りで見ている人から「顔がすっきりしたね」と声がかかると本人はとても嬉しそう。誇らしげな表情を見せてくださいました。また、REIKO KAZKIから支援物資として送っていただいたローションやクリームをお一人お一人に渡したのですが、みなさん大変喜んで受け取ってくださいました。後日に。「あのクリームはやわらかくていいなあ、あちこちに時間があれば塗っていた。ほれ、手も足もつるつるだべ、顔もきれいになったべ」「強い匂いもないし、安心して使えた」「肌がしっとりしてきたよ。全部流されて化粧する気も起きなかったけど化粧水くらいは塗りたかったんだ」などの声も聞けて、少しずつみなさんに笑顔が戻ってきたことを実感できました。

そして、私自身も…。みなさんの笑顔のためにと思って行なったことでかえって自分も癒され、元気づけられたのです。それは、かづき先生はじめ、講師の先生方、同期の仲間たち、そして多くの「チームKAZKI」でつながっている仲間のお陰でもあります。本当にありがとうございます。

お母さんは家庭の太陽!メイクの力で子どもも元気に
フェイシャルセラピスト かづきれいこ

子どもの顔がパッと輝いた瞬間

リハビリメイクをしていると"この方にメイクをさせていただくことができて、本当によかった!"と、感謝の気持ちで胸がいっぱいになることがよくあります。
先日も、更年期障害で悩んでいらっしゃる女性が7歳になる男の子を連れて、私のサロンにメイクを習いにいらっしゃいました。
「子どもを1人で留守番させるのが心配で、連れて来てしまったのですが、大丈夫でしょうか?」とお母様。「もちろん、かまいませんよ」と笑顔でお迎えしましたが、お子さんはずっと下を向いたままで、私とは目を合わせてもくれません。お母さんがメイクをしている間も、全然関心がないようすで、一心不乱に持参してきたゲーム機で遊んでいました。
ところが、メイクが終わって、お母さんの元気な顔を見たとたん、その子の顔がうれしそうにパッと明るく輝いたのです。血色がよくなったお母さんと同じかそれ以上に、みるみるうちに頬に赤みが射していくのがはっきりとわかるほどでした。
それからはゲーム機を放り出したまま、母親にまとわりついてずっとおしゃべりをしていました。お母様も本当にうれしそうで、笑顔でお子さんの相手をしている姿は、さまざまな不定愁訴に苦しめられているようには見えないほどでした。


母親の元気は必ず子どもに伝わる

お母さんはやはり、家庭の太陽なのですね。サロンにやってきたときとは別人のように楽しそうなその子のようすを見ていると、つくづくそう感じました。それまで口には出さなかったかもしれないけれど、母親の体調が悪くて暗い顔をしがちなことを寂しく感じていたのでしょう。ずいぶん心細い思いもして、その子なりに母親に甘えるのは遠慮していたのかもしれません。
メイクとは、取れば消えてしまうはかないものですが、時と場合によっては信じられないような大きな力を発揮します。メイクでお母さんが元気になれば、子どもも元気になる。この仕事をしていてよかったと心から思えたひとときでした。

安易に整形に走る若者に大人が教えたい大切なこと
フェイシャルセラピスト かづきれいこ

整形さえすれば人生バラ色に!?

高校生のA子さんがお母様に連れられてサロンにやってきました。一重まぶたの自分の目が嫌いで、整形で二重まぶたにしたいといいます。アイプチなどの化粧品で毎日、1ミリ単位までこだわって二重まぶたを作っているA子さんは、気に入った目になるまで何度もやり直し、うまくいかない日は家から一歩も出ないのだとか。私がどんなに彼女の切れ長の目を褒め、それを活かしたメイクをしようとしても、納得してくれません。その場にいた臨床心理士や形成外科の先生たちも、非常に美意識の彼女のこだわりを理解しわかってくれる先生がいるとは限らないこと、納得いかず何度も手術を繰り返し心を病んでしまう人もいること、手術を受けるにしてももう少し大人になってからのほうがいいことなどを一生懸命説得してくれたのですが、まったく聞く耳を持たず「とにかく整形したい!」の一点張りです。
最後に私が彼女に言ったのは「整形の危険性やデメリットをよく知ったうえで、それでもやりたいというのならおやりなさい。ただし、あなたはまだ未成年。手術の費用はお母様に頼んで借りて、あなたが働くようになったら必ず返すのよ」ということでした。


整形のリスクや危険性を大人がしっかり教えて

その後、お母様に様子を伺ったところ、A子さんは結局、整形を思いとどまったのだそうです。帰宅後、お母様がお金を渡そうとすると「いらない。」と言ったのだとか。私たちの話を聞いて、自分で考え彼女なりに思うところがあったのかもしれません。
A子さんに限らず、私が最近の若い女性を見ていて非常に危うく思うのは、整形することをあまりにも安易に考えていることです。メディアが流す画一的な美の基準にとらわれ、まるで美容院に行くような感覚で、気軽に自分の顔を変えてしまいます。そのことにどんなリスクがあるのか、周囲にいる大人がしっかりと伝えなくてはいけません。若いころはとかく、狭い世界でひとつのことを思い込みがち。ちょっと目線を上げれば広い世界が広がっているということを、私たち大人が教えていく義務があると思うのです。